IEEE1394
ドキュメンタリー映像をBlogより配信!映像はIEEE1394で読み込んでますよ(´ー`)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Xの方程式
「なんでそうなるんですか?」
その何気ない一言に、私は思わず答えにつまってしまった。


―良い問いは答えよりも重要だと、ある数学者は言った。
人よりも、ある分野に対して秀でた知識を持つ人を、
持たざる人は尊敬の意味を込めて、「先生」と呼ぶ。


梅雨の終りを感じさせる暑さ、日曜日の午後。
私は白い建物を抜け、地下室の扉を開いた。
今日は、新入生を対象とした講習会が予定されていた。


淡々と他人によって与えられた知識を、あたかも自分自身の
考えのように教え続ける。
小さな優越感を感じながら。


ふと、ひとつの質問が私に投げかけられた。
「なんでそうなるんですか?」
その質問は、自分が全く疑いを持たずに理解した気でいた部分だった。


「そのまま覚えておけばいいよ。」
どこかで聞いたようなセリフを吐き捨てて、私ははっと息を呑んだ。




―中学校の数学の授業だった。

思えばあの日も、今日のように蒸し返すような梅雨の教室での出来事だった。


「ここの式にxを代入して~」

「xってなんなんですか?」

私にとって、それは自然に生まれた言葉だった。
xの意味が理解できないまま、先に進むことが嫌だったのだ。
先生から出てきた答えは、

「そのままテストに出るから暗記しとけ」。


一発で数学を嫌いになった。
けれども、そのxを理解できない自分が無性に情けなくて、悔しくて。
気がつくと数学にのめりこんでいった。



私はいつから問うことをやめてしまったのだろうか。
自分が大嫌いだった先生の言葉を、いま自分は発してしまった。

これはなにも、机上だけの話ではない。
どんな場面だって同じことが言える。


「なぜ、どうして」。
その気持ちが、次に繋がり、また新たな発見を生み出すエネルギーになる。
きっと、教える側にとってもプラスに働く言葉。
それこそが、ジャーナリズムを、いや歴史を創り上げてきた原動力なのだ。


講師として赴いた梅雨の大学で、
あらゆる活動の原点を教えられるとは、思いもしなかった。

疑問を持ち、尋ねるということは、お互いにとって最も
大切なことなのだ。

いかなる時も、謙虚な姿勢を持ち行動していきたい。



教えることと、教わることは同義語である。

「知る」為に、私は答えを探すのではなく、自分に問い続けていきたい。
―今日のブログは、一枚の写真から文章を書くトレーニングを
してみました。
2時間くらい「う~ん、う~ん…」と悩みながら。

その写真は↓
注)プライバシー保護のため、写真の一部を加工してあります!
 普通に教えてる際の写真ですが、何か問題がある場合は即刻
 削除いたします。




DVC000590.jpg

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
今日は自然に「先生」って呼んじゃいました。いつも思うのですが、教え方うまいです。ほんと。ありがとうございます。
そして、やはりこの○○現場の写真載せちゃったんですね!!
駄目な生徒より
【2005/06/27 00:13】 URL | 先生へ #jmCf0xt. [ 編集]

パソコンの画面の方もモザお願い…
【2005/06/27 00:53】 URL | 牛若丸 #- [ 編集]

教え方うますぎです。
教師はなる気ないんですか?
今日は貴重な時間を割いていただきありがとうございました。
「第2回中級編」期待してます。
【2005/06/27 02:05】 URL | サード #- [ 編集]

>駄目な生徒ということはT工事でしょうか。

>牛若丸
修正しました。

>サード
いえいえ、ありがとうございましたm(_ _)m
教えられるほどの人間ではないので。。。
【2005/06/27 16:29】 URL | ogichang #JalddpaA [ 編集]

笑わせていただきました☆
この数秒後はもっとスゴかったんですけどね!(笑)
【2005/06/28 13:34】 URL | 写真の女 #.808zm3s [ 編集]

>写真の女

裁判だけはやめてあげてください(つД`)
【2005/06/28 22:40】 URL | ogichang #JalddpaA [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://ogichang.blog12.fc2.com/tb.php/7-a3dc4e95



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。