IEEE1394
ドキュメンタリー映像をBlogより配信!映像はIEEE1394で読み込んでますよ(´ー`)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


作文テーマ「雨のち晴れ」
<手書きのメッセージ>


小雨がぱらつく12月のとある日曜日。
私は早朝から世論調査のバイトをしていた。
新聞社によって無作為に選ばれた人を訪ねるもので、ノルマはひとり10人。
私は、すぐ終わるだろうと傘も持たずに歩き始めた。


3時間ほどですべての家庭を回り終え、結果はたったの2人。
留守や、忙しいからという理由で断る人が大半だった。
そういうケースは「改めてお伺いします」とパソコンで打った無機質な手紙を渡しておくのだ。
もっと粘り強く交渉しよう、と自分を奮い立たせて2周目の訪問をはじめた。


「しつこいんだよ」玄関を開けた瞬間に、まるで汚いものを見るかのような、嫌な表情をされた。
「失礼しました、またお伺いします」と必死の笑顔で玄関を後にする。
外に出ると、今の心境を表すかのように、雨は強くなっていた。
カバンから傘を取り出し、トボトボと次の家へと向かった。
1回目の訪問では、留守だったWさんだ。
ピンポーン、とベルの音だけが静かに響く。反思わず白いため息がこぼれた。
ふとポストに目をやると、先ほど入れた手紙がそのままにしてあった。
もし帰ってきたら読んでもらおうと、
その紙の裏に連絡先と短いメッセージを書いて、再びポストに入れた。


助けを求めるように、本部のオペレーターに報告をすると、
「もう一度回りましょう!」と元気良く言われ、泣きそうになった。
また不在だったら嫌だな。そんな不安を抱えながらWさんの家へと近づくと、紙が消えていた。
祈るような気持ちで、インターホンを押す。
すると玄関からと40歳ほどの男性が現れ、調査に協力してもらうことができた。
無事に調査を終えると、「寒かったでしょう」とコーヒーを出してくれた。
何でも、手紙に書いた文字が震えていたらしい。
思いが伝わったことが、何より嬉しかった。

「ありがとうございました」深く礼をして、玄関を出る。
どうやら雨は上がったらしい。


(773文字)
テーマがキツい…。

IKAMIX氏のと比べてみて下さいw
人によって全然ちがいますが、僕も怒られました。


怒られたけど、最後は答えてくれた人がいればネタとして最高だったんですが(ぉ

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/04/29 17:28】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/05/03 20:41】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2013/02/02 02:37】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/07/21 22:26】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/07/26 14:29】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/07/31 11:37】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/08/11 05:33】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/08/21 09:44】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/08/22 17:22】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://ogichang.blog12.fc2.com/tb.php/41-abd43f20

世論調査の現場で僕が見たもの

12月3・4日、A新聞の世論調査のアルバイトをしました。僕にとっては初めての「スーツを着ないバイト」でした。簡単に仕事内容を説明すると、男は学生調査員として担当地域が割り当てられ、その地域でランダムに選ばれた10件の方に直接会って、調査アンケートを取るというも IKAMIX MANIA on Blog ver.FLP【2005/12/12 07:05】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。