IEEE1394
ドキュメンタリー映像をBlogより配信!映像はIEEE1394で読み込んでますよ(´ー`)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


作文テーマ「道」
<道案内>


「すいません、法学部棟はどこでしょうか?」
振り返ると、そこには目を閉じ、ステッキを持った男性が立っていた。
腕時計に目を向ける。授業が始まるまで、かなりある。


「一緒に行きましょう」と笑顔で応え、はっとした。
目の不自由な彼に、笑顔は伝わらない。
そう思うと急に、どう接したらよいのか不安になった。

彼の横に立ち、手を差し出した。すると彼は、やさしく私の手をとり
「ありがとうございます」と、さっきまで私が立っていた方向に礼をした。
今いる場所から目的地まではおよそ300m。
ゆっくりと、彼の歩幅に合わせて進みながら、話をした。
彼は、遠藤君といい、私と同じ大学生だという。
すると、前から私の友人が歩いてきた。

「おはよう」友人の声に、下を向いて歩いていた遠藤君が顔を上げ、会釈をした。
友人はその様子にとまどっているようだった。
すれ違う際、私は小声で「またあとで」と言った。
遠藤君の姿を見て状況を把握したのか、友人は早々と去っていった。

その直後、遠藤君は「すいません」と私に謝った。
おそらく、私が友人と会話できなかったのは、自分のせいだと感じたのだ。
その言葉を聞き、胸がしめつけられそうになった。
彼は、日々どれだけ周囲に気を使いながら生きているのだろう。
そう思うと、なんともいえない気分になった。

目的地に着くと、遠藤君は「ありがとうございました」と礼を言い、手を離した。
そして、カツカツとステッキの音を響かせながら、教室の中へと消えていった。
彼の背中を見つめながら、彼はどんな世界を見ているのだろうと考えた。
相手の気持ちを理解してみよう。
そして、私は目を閉じ、大学内を歩いてみることにした。

周囲の音が大きく聞こえる。
慣れた道なのに、まるで見知らぬ海外の街をひとりで歩いているような気分だった。
怖くなって、目を開くと、手には汗がにじんでいた。


私は遠藤君に道を教えてあげた。
彼は私に、忘れかけていた「感覚」の大切さを教えてくれた。
(799字)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://ogichang.blog12.fc2.com/tb.php/38-6c42dd61



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。