IEEE1394
ドキュメンタリー映像をBlogより配信!映像はIEEE1394で読み込んでますよ(´ー`)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


言い訳とは、逃げである。
それでもマズいんです…。

明日はとあるボランティアの面接ですし、
マツケン合宿を休んでまで受けるDTP検定の問題を見て顔面蒼白…。

このままではすべてが中途半端に終わってしまいます。
あれ?もともと中途半端だっけ?

とにかく6日までは気が抜けない毎日です…。

スポンサーサイト

明日には必ず…


日記が書けてなくて申し訳ありません…。



台風が来て、少しわくわくする気持ちがある限り、
まだ自分は大丈夫って思います。

子供心を忘れないのか、ガキなのか。
どっちにしてもいいですね。


台風…フォー!!!

学校が消えた日
2005年4月1日。
僕の通っていた小学校は、消えてしまった。

[続きを読む]

ブログの持つ効力、インターネット時代におけるマスコミの自浄作用に関して
とりあえずここの記事を読んでみてください。


あまり、大きい声で言えるニュースではないですが、ここのニュースを読むことで、
ブログが普及するということは、ジャーナリズムを
普及させることに繋がるのか?という非常に興味深い観点を示しています。


これはまさにM先生の分野だと思うのですが、現在のマスコミには
果たして自浄作用は期待できるのか、ということですね。
第3の権力としてあるべきジャーナリズム。
マスメディア=ジャーナリズムという構図は、まさに崩れ去ろうと
しているのかもしれない。


後ほどしっかりと論じたいと思いますが、非常に興味深い内容でしたので、
ぜひ目を通していただきたいと思い載せておきます。

ただ、やっぱり受け手側の市民が、しっかりとした視点を養い、
見る目を鍛えていかなくては、
ブログをはじめとした、インターネット時代における
ジャーナリズムの変容は難しいのかな、とも。

やっぱり、ネットは信頼性がガクンと落ちますからね。
歴史が浅い上に匿名性があるから。

「ジャーナリズムとブログ」を考える。
情報収集能力の向上を皆さん心掛けてください。

オキナワサイクルダイアリーズ
この文章は、2005年3月13日の夜に起きた出来事を記した手記である。
その時の想いを嘘偽りなくここに書く。

この文章は、「オクナワサイクルダイアリーズBlog」からの引用である。

<ブログより転載>

---前編
[続きを読む]

オキナワサイクルダイアリーズ
---中篇その1
[続きを読む]

オキナワサイクルダイアリーズ
---中篇その2
[続きを読む]

オキナワサイクルダイアリーズ
---後編
[続きを読む]

オキナワサイクルダイアリーズ
---エピローグ
[続きを読む]

マイルドセブン・ヒーロー
04_04-30_02.jpg




「喫煙は、あなたにとって肺気腫を悪化させる危険性を高めます」。

近頃、タバコのパッケージが変わってきた。
次々と撤去される喫煙所。
タバコの箱に書かれた、少し過激な警告文。
愛煙家にとって、肩身のせまい世の中になってきた。

私の父も、私が物心ついた頃から、煙草を吸っていた。
マイルドセブンの思い出は、いつも小学校の時の記憶を呼び覚ます。



―「ウチの倅に何しやがる!」
いつもの帰り道。突然私の目の前に現れ、
自転車から飛び降りた父は、上級生に向かってそう怒鳴りつけた。

父は、今では珍しいくらいの「頑固親父」だ。
中学を卒業してから働き続け、ひとりの兄と私をしっかりと
学校に通わせ、最近では新築の家を建てた。

そんな父が、まだ幼かった私に何度も言っていたことがひとつだけあった。

「男なら、やられたらやりかえせ」。


身長は前から数えた方が早かった私は、決してケンカの強い人間ではなかった。
しかし、小学校2年生から地元の少年野球のチームに入り、
なんとか体力をつけようとしていた。
そのせいもあってか、私はよく外で遊ぶ子供だった。
学校が終わり、家にランドセルを置くとすぐに、数人の友達と
自転車にまたがり、近所の秘密基地へと遊びに出かけていた。

その秘密基地は、古くなった自動車の廃棄所の中に捨てられた
一台のマイクロバスにあった。
雨に打たれ、変色したシート。
誰が持ってきたのかはわからない、自動車の部品やラジカセ。
小学生の私にとって、すべてが宝物であった。


いつものように私は学校が終わると急いで教科書をランドセルにつめ、
教室の扉を力強く開いた。
いつもの通学路を友人と走りながら帰っていると、突然草むらの
中から
体格のいい、数人の小学生が飛び出してきた。

「ちょっと待てよ」。
私は瞬時に相手が誰であるか理解した。


―上級生だ。
小学生にとって、生まれてきた年がひとつ違うということは、
とてつもなく、大きな差であった。
小学2年生の私にとって、その相手はあまりにも強大すぎた。
どうやら相手は、私たちが最近見つけたあの秘密基地が
気に入らないらしく、2年のくせに生意気だといちゃもんをつけてきたのだ。


その日は、誰も秘密基地に集まることはなかった。




体中泥だらけになって帰宅した私を見て、母親は慌てて着替えを取りにいった。

「お父さんには言わないで」。
私は泣きながら母にそう訴えた。
やりかえすことも出来ず、泣きながら帰った私を、父はきっと叱るだろう。
幼いながらそんな事を考えて、その日は隠れるように布団にもぐりこんだ。


―次の日、またしても上級生が私たちを待ち伏せていた。
どうやら、彼らにとってもう秘密基地はどうでもいいらしく、
ただ私たちをいじめ、泣く姿を見ることに興味がうつったようだ。

一目散に逃げる私を、後ろから追いかけてくる上級生。
追いつかれたら殺される!そう感じた次の瞬間、私の足は
勢い良くからまった。

鈍い痛みが膝から頭へと上ってきたと同時に、次に何が
待ち構えているかを理解した私は、
涙がまぶたから零れ落ちそうになった。

もうだめだ…!
そう思った次の瞬間、私の視界の前に、自転車の前輪が現れた。


マイルドセブンを自転車のカゴに入れ、降り立った父の表情は、
夕焼けの光に重なってよくわからなかった。

今度は上級生がフナ虫のように散っていった。
足の痛みと、大きい安心感に、私はまた泣きそうになった。
そんな私の姿を見て、父は煙草に火をつけて

「泣くんじゃない、次はやりかえせ」。

煙を吐きながら私に向かって言った。
ぐっと涙をこらえて、自転車の後ろにまたがった。
流れてくる煙と、大きい父の背中の体温を感じながら夕もやの通学路を走った。

家に到着し、母の顔を見るや否や、今まで我慢していたものが、
堰を切ったように流れ出し、
私は声をあげて泣いた。

そんな私の姿を見ながら、2本目の煙草に火をつけた父は、
「男は、人前で泣いたら負けだからな」。
そう言いながら、うっすらと微笑んでいるように見えた。



―私も大人になり、煙草を吸うようになった。
体に悪いことは百も承知だ。
それでも、どこか父に近づくために、私は煙草を吸っているのかもしれない。
けれども、マイルドセブンは吸わない。


煙草のパッケージは変わった。
父も、目に見えて老いが感じられるようになってきた。
だが、父が吸う煙草の銘柄と、マイルドセブンの思い出だけは、
今も変わらない。


[続きを読む]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。