IEEE1394
ドキュメンタリー映像をBlogより配信!映像はIEEE1394で読み込んでますよ(´ー`)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


衆院選挙


今日ははじめての投票にいってまいりました。

これでやっと批判する権利を得たわけですね(´・∀・`)


しかし、どうかしてるんじゃないですか?この国は。
鈴木宗男氏が当選、亀井氏も当選。
田中真紀子氏、辻本氏も当選。

ここから見えるのは、


「日本人は情に弱い!」
明らかに投票者側の心境がうかがえる。
そして岡田氏は辞任…

こうなると、次回の選挙がおそらくおもしろくなるだろうな。
自民に反発が、そして民主に情がうつってくる。


選挙前に予想していた事態はふたつあった。

1、自民だけで過半数超え→公明いらんざき!

2、民主が意外に検討!→公明党の謀反!


1になればおもしろいんだがなぁ。。。



個人的には、民主党にカリスマ性をもった代表者がでてくればいいんだが。
そうしたら、次回は見ものですね。

今回のでも見えたけれど、選挙で重要なのは
「ぱっと見」でしょ。日本人はそこまで見ていない。

ためしにヨン様似でスポーツマンを出してみればいい。当選さ。
詳しくはまた。
スポンサーサイト

ブログの持つ効力、インターネット時代におけるマスコミの自浄作用に関して
とりあえずここの記事を読んでみてください。


あまり、大きい声で言えるニュースではないですが、ここのニュースを読むことで、
ブログが普及するということは、ジャーナリズムを
普及させることに繋がるのか?という非常に興味深い観点を示しています。


これはまさにM先生の分野だと思うのですが、現在のマスコミには
果たして自浄作用は期待できるのか、ということですね。
第3の権力としてあるべきジャーナリズム。
マスメディア=ジャーナリズムという構図は、まさに崩れ去ろうと
しているのかもしれない。


後ほどしっかりと論じたいと思いますが、非常に興味深い内容でしたので、
ぜひ目を通していただきたいと思い載せておきます。

ただ、やっぱり受け手側の市民が、しっかりとした視点を養い、
見る目を鍛えていかなくては、
ブログをはじめとした、インターネット時代における
ジャーナリズムの変容は難しいのかな、とも。

やっぱり、ネットは信頼性がガクンと落ちますからね。
歴史が浅い上に匿名性があるから。

「ジャーナリズムとブログ」を考える。
情報収集能力の向上を皆さん心掛けてください。

そのとき、記者は逮捕された
エキサイトではないので、トラックバックすることが出来ないのですが、
非常に興味深いブログ記事を発見しましたので、
リンクを張っておきますm(_ _)m


「そのとき、記者は逮捕された」




これはぜひとも、検証してみたい事例ですね。
「現代におけるジャーナリズムを問う!」と。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。