IEEE1394
ドキュメンタリー映像をBlogより配信!映像はIEEE1394で読み込んでますよ(´ー`)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


作文テーマ「恥」
<はじめての取材>

「君は心のどこかで楽をしようと考えてるんじゃないの?」
保育園の園長先生の言葉は、耳を飛び越え、私の胸に突き刺さった。
電話の向こう側で無邪気な子供たちの声が聞こえた。
はじめて、取材のアポをとる時のことである。

映像制作をするゼミに所属して半年。
カメラに向かって「ありがとう」を伝えてもらうという企画のディレクターを任された。
ありがとうという言葉を、大人はあまり使わない。
そこで私は、素直に答えてくれる子供にインタビューをすることにした。
さっそくインターネットで近所の保育園の電話番号を調べ、取材の許可をとることにした。
「すいません、大学のゼミで取材をさせていただきたいのですが」。声は少し震えていたが、
絶対に成功させるのだと自分を奮い立たせた。
「いま手が離せないので園長に代わります」と、電話口の保母さんは慌てて答えた。
しばらくすると、50歳くらいだろうか、男の園長先生に代わった。

「子供たちにカメラに向かってありがとうを言ってもらいたいんです」
まるでテレビ局の人間になったような気持ちで取材と企画の説明をする。
すると、聞こえるようにため息をした園長先生は、「ウチでは無理だよ」と短く言った。
「なぜです?」と食い下がると、またため息が聞こえた。
「なぜ君は電話で済ませようとするんだ?第一いまの時間帯は、子供たちの昼寝の時間なんだ」。

その言葉を聞いた瞬間、自分が恥ずかしく思えた。自分のことばかりを考えて、
相手のことを全く考えていなかったのだ。
そんな志で、いい作品が作れるはずがない。そう感じた私は、カメラを持って街に出た。
多くの人が行き交う駅の近くのベンチに座り、呼吸を整えた。
人と話すことは苦手だけれど、わかってもらいたい。そう心に誓い、立ち上がった。
「すいません、ちょっとよろしいですか?」相変わらず声は震えていたが、
小さい子供をつれた家族に声をかける。
わかってもらうんだ。もう一度、心の中で繰り返し、素直に自分がなにをしたいのかを伝えた。
「ほら、カメラに向かって言ってごらん」母親が子供に向かって伝える。
「あ、り、が、と」。アイスを食べていた子は、服に溶けたアイスをこぼしながら小さく答えてくれた。
ふと、自分の顔がほころんでいるに気づいた。
「ありがとうございます!」と、撮影する側の自分がそう言ってしまった。
話すことは苦手だけれど、伝わることは気持ちいい。だから、頑張れる。
相手のことを考えて、動くことの大切さに気づかせてくれた園長先生に、伝えたい言葉がある。
「ありがとうございます」
(1045文字)


字数制限ってありましたっけ?(;・∀・)
字数を考えながら書くと、なんとかまとめようとしてしまうので、
うまくいきません。今回も少しいいたい事をまとめきれなかった感じです。
やはり始めは字数を考えずに書いたほうがいいですかね?
できればそうしたいのですが。。。

遅れて申し訳ありませんm(_ _)m
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
①多摩タンネタかぁ~。自分なら書く勇気はないなぁ。マスコミかぶれと思われたらイチコロじゃけぇ。俺の場合「団地の朝市」は多摩タンを出さんでもネタとして活用できたが、ありがとうはやめた方がエエよ。

(※多摩タンはESで生かす方がベターでしょ。俺は戦略として多摩タンはノータッチじゃたが、アベッチはうまく取り入れていたみたいなのでもしあれなら聞いてみたら!?)

②会話が多い。少なくとも3つに抑える努力を☆
【2005/10/04 21:37】 URL | △ナリ #- [ 編集]

③作文はネタが命。もしないのであれば今から懸命に探すしかない。まだ間に合うべ!!
【2005/10/04 21:41】 URL | △ナリ #- [ 編集]

△ナリさん、コメントありがとうございました。
作文でタマタンがダメな理由は、
「マスコミかぶれ」だから、ということでしょうか?

えーとですね、自分のスタンスとしては、
タマタンは社会と関わっているということだけで、
特に映像のスキルがある、といった技術的な
面を押したいわけではないのです。

「ゼミ」として、「成長した」過程を描ければな、と
考えているのですが…。
タマタンすごいでしょ?と言うつもりはないですが、
あくまで作文はエサですから、面接での
話し方がポイントになるということですかね。。。

ありがとうございましたm(_ _)m
【2005/10/05 02:14】 URL | ogichang #- [ 編集]

①了解。「マスコミかぶれ」というだけで斬った俺がダメだ!!

 基本的に、学生時代にやったこととという欄がほとんどのESにあるので、そこで多摩タンは熱く語った方が良いよ。作文でも多摩タンを使用するのは少しもったいないかなと。

②マスコミ被れといったのは、「アポ」や「ディレクター」といった言葉があったから。その言葉に向こうの人たちが敏感に反応する可能性がある。
 おぎちゃんの熱い思いが、違った意味でとられないためにも、作文では違った側面を見せたらどうかと思った次第です。
【2005/10/05 12:26】 URL | △ナリ #CofySn7Q [ 編集]

松野ゼミの松田です。
コメントしたことは、一個人の意見として聞いてください。
(私は作文が下手です…)
最終的には記者の方に見ていただくことをお勧めします。

さて、今回の「恥」ですが、文章の流れがすっきりしません。
まずは、園長が電話に出るまでのエピソードが長いです。
エピソードの重要な部分は、
幼稚園で取材をしようとしたが、
「君は心のどこかで楽をしようと考えてるんじゃないの?」と言われたことで
自らの足で街で子どもたちを探すことがm重要だと気づいたことですよね?
そうすると、子どもたちにどのように取材をしたのか、
その過程で何に気づいたのか、思ったのか、
ディテールを書くことが大切だと思います。
文章の頭がでかくなりすぎて、だんだん、しぼんでいくようです。

また、この作文は、結論がないように思えます。
エピソードだけで、作文の9割ほどを書いて、
残りの1割で「転結」を書くということもできると思いますが、
今回は、結論が見えません。
「恥」というタイトルに対して、
どんな結論に至ったのか、よくわからないのです。

「?」や「!」は、必要性がない限り、
使わない方がいいのではないかと思います(たぶんです…すいません)

最後に。
△ナリ君が指摘していますが、
私も今回のネタを含めて、多摩探検隊はES向きだと思います。
多摩探検隊を作文で使用することがもったいないというわけではないのですが、
(作文だって、ESと同じように大切です)
作文として、向き不向きがあると思うのです。
例えば、△ナリ君の朝市のようなネタで作文を書くのなら、
多摩探検隊として取材に行っていないことにして書いたら、
有効だと思います。

もう一つ。
コメントに「作文はエサ」とありますが、
作文にエサは必要ないと考えています。
というのも、ESではエサをまいて聞かれれば良いのですが、
作文でエサをまくことによって、曖昧になる部分があれば、
それは単に作文が書けないということになってしまうと思うからです。

ネタは、日常生活の中から見つかるものですよ。
【2005/10/11 00:20】 URL | まつ #- [ 編集]

△ナリ様

返信が遅れてしまい申し訳ありません!
なるほど、言葉の使い方がマスコミかぶれっぽい訳ですね。

確かにそれは字数を削減するために書いてしまいました(;´Д`)

やはり、タマタンはES向けだというのはよくわかりました。

ためになります。ありがとうございました!!
これからも是非よろしくお願いします。
【2005/10/11 00:42】 URL | ogichang #JalddpaA [ 編集]

松田さま

コメントありがとうございます。
すごい、わかりやすいコメントです。。。
おっしゃる通りといいますか、
「あぁなるほど!」と感じます。

重要なのは、その作文で何がいいたいのか、
という部分ですよね?
そこがうまく描けていないのは、やはり練習不足です。。。

確かに、この作文では自分の足で探すことが大事だ、という点が伝えたい部分です。

そこをもっと重点的に書いたほうがわかりやすいですね。。。

まだ説明口調というか、うまく語れないのがもどかしいですが、
何度も書いてみます。
ありがとうございました!!
これからもよろしくお願いしますm(_ _)m
【2005/10/11 00:45】 URL | ogichang #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://ogichang.blog12.fc2.com/tb.php/27-7b5fa76f



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。